東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/523-f096fa9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クリエーターが創造する『部屋』 - 泊まれる展示 LLOVE


keys to the individual rooms
image © designboom


image © designboom


bed cover with fertility graphic prints
image © designboom


image © designboom


fertility lamps


 designboomによる『泊まれる展示 LLOVE』レビューのパート2です。パート1はこちら。 いずれもめっちゃ泊まりたくなる作品ばかり!!笑

 えぇ、この展示は『泊まりたくなる作品』って響きに表されるように、いわゆる建築デザインやインテリアデザイン展ではござらぬ。もっとファインアートしてます。 言うなれば、”キャンバスの代わりに部屋という四角い空間を与え、自由に宿泊部屋を作らせた”そんな感じの作品展示会ですね。

 日本とオランダの国交樹立400年を記念した企画だそうですが、オフィシャルHPによるとテーマは「Still in LLOVE」(まだ愛してる)だそうです。にわかにラブホなフレーバーを感じるのはそのせいでしょう。

 しかしながら、どれを見ても一過性の作品で終いにしてしまうのは勿体ないっす。どこかのホテルが作品を購入してくれればいいなぁなんて勝手に思ってます。笑  いやしかしクリエーターってホント色んな引出しもってんなーって☆ 皆様も機会がありましたら一泊いかがでしょうか?

■その他 [LLOVE関連のツイート] 宿泊された方の感想など、リアルですよ~
>>http://twitter.com/#search?q=llove


以下 designboom よりクリッピング↓↓


tokyo llove hotel - part 2



LLove, the exhibition where you can stay for the night. based on the japanese phenomenon of the love hotel, this pop up LLove hotel in tokyo was created by eight japanese and eight dutch designers with themed rooms that are installations, where people can actually make a reservation and stay over night. the result is a mixture of different styles and design sensibilities under one roof - very different experiences that somehow come together effortlessly. architect jo nagasaka is the producer of 'llove'. he wishes to create a yurui (japanese for 'loose', 'informal') hotel. reasonably priced, open-mided hotels are quite common abroad, but not in japan. the 'llove' project is giving him the opportunity to do so. 'Llove hotel' is the realization of suzanne oxenaar, director of the lloyd hotel in amsterdam.

during tokyo designers week 2010, designboom booked every night a different double room installation. the rooms seemed a bit uncomfortable at first with little space to walk on and with no private bath (communal onsen-like bathrooms were on the first floor). nevertheless, it has been a fun experience: 'the space does not adapt itself to you, but you adapt to it. ' this is part 2 of our photo report. see part 1 here.
--
stefan scholten and carole baijings (scholten & baijings) had painted the tatami mats in room 306 white. this room, white with pink accents adorned with illustrations on the wall was very popular with japanese visitors.




image © designboom



image © designboom



'scientific' illustrations drawn on the wall
image © designboom



image © designboom


--

the 305 'fertility' room by joep van lieshout seems to be inside the red light district ...


entrance
image © designboom


bed cover with fertility graphic prints
image © designboom


image © designboom


fertility lamps
images © designboom



--
WiFi was available in the cafe, which was the meeting place for everybody visiting the venue and for us a nice place to check emails late at night. food is prepared with ingredients from the nara prefecture (the café is open to public). direction: labo85/ yoko shimada, design : jo nagasaka of sschemata, graphic wallpaper: thonik and furniture design : A+Sa.















tokyo llove hotel - part 2 - [found at designboom]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/523-f096fa9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。