東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/481-5d3f5233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロダンの彫刻『カレーの市民』って知ってますか?

pawel althamer
general shot image © designboom


 すっごい気になっていた作品、あとでレビューしようと思っていて放置しちゃってました。ウチのtumblrでreblogされてるのをさっき見て思い出しました。。忘れてサーセンorz

 というわけで久しぶりに観てもインパクト抜群。こちらの彫刻は韓国の光州アートビエンナーレに出展された Pawel Althamer さんの作品です。

 初めて観た時は蔡國強みたいだなぁと、、かなり私のハートを射ぬいていたのですが、本日改めてネタ元の記事を読んでみたところ、案外コンセプト的なインパクトが弱かったです。。残念。   要約すると、かの有名なロダンの彫刻『カレーの市民』のパロディみたいなモノであります。 ロダンが作ったのは、戦争により包囲された街の人々を救うために人質となった6人の賢者(?)です。 Althamer さんは現代人が仕事に追われている様子からインスパイアされ、6職種の代表者が人質となり人々を仕事から解放する・・という架空の話を作り、そしてこの作品を造形したようです。

 ・・正直なところ、解説文なんて読まなければよかったと思った。。もっとワクワクしてたんですけどね、作品に出会った時は。。無念です。


以下 designboom よりクリッピング↓↓


pawel althamer at gwangju art biennale 2010



pawel althamer (b.1967 warsaw, poland)'s sculptures, videos, and performances explore the fragility and contingency of the body--often his own--within the wider sphere of social and political contexts. he has often submitted his body to extreme states, either physically or psychologically. in one earlier performance work, althamer sealed himself inside a body-sized plastic bag that slowly filled with cold water ('water, space, time', 1991), and in another, with the help of hypnosis and hallucinogenic drugs, he explored the inner landscape of his mind ('the so called waves and other phenomena of the mind', 2003-2004).

his sculptures engage with the body less directly, often through the logic of substitution. his human-scale sculptures, representing himself or members of his family, are constructed from hair, straw, intestine, and cloth-visceral, rough-hewn materials that seem poised on the threshold between embodiment and decay.

for this year's gwanju art biennale, althamer has created a new version of auguste rodin's the burghers of calais, entitled 'brodno people' made with the help of people from a working class neighborhood of warsaw. rodin's sculpture tells the story of six leading citizens of the town of calais, france, who, in 1347, volunteered themselves as hostages to king edward III of england in exchange for lifting an eleven-month siege on their city during the hundred years war. althamer's version emphasizes the social and political circumstances of the work's production by foregrounding collective practice over individual authorship. like totems or idols from a personal religion, his figures appear almost as placeholders for the artist's body and those of his loved ones, as if their presence might somehow ward off the inevitable decay of the flesh.



pawel althamer
brodno people - front view
in collaboration with pawel buchholz, marcin leszczynski, michal mioduszewski, stawomir mocarski,
julia matea petelska, jedrzej rogozinsk
image © designboom

pawel althamer
exhibition view image © designboom

pawel althamer
image © designboom

pawel althamer
brodno people, 2010 by pawel althamer (1967- ) image © designboom

pawel althamer
side view image © designboom

pawel althamer
pawel althamer portrait © designboom




pawel althamer at gwangju art biennale 2010 - [found at designboom]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/481-5d3f5233
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。