東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/464-0215acc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『恐怖』を教えてくれる作品。。こぇ~~




 私たちが覚える恐怖もまた、人それぞれ感じ方が違っています。ですので今日紹介する作品から受け取った私の恐怖が、皆さんと共有できるかは定かではありません。。。 作者はイタリアの作家 Arcangelo Sassolino さんです。

 横たえられた電動式のジャッキの様な物、そこに太い角材がこれまた直径2cmはありそうな太いワイヤーで固定されています。。さて、動画をご覧いただけましたか? 再生した途端、ほとんどの方はこれから何が起こるのか、、結末が見えたのではないでしょうか。

 『恐怖』とは、目の前で起こった事に抱く感情ではなく、これから自分に襲いかかるかもしれない危険性を想像し抱く感情であります。つまり未来の危険を回避するための防衛本能が『恐怖』なのですね。

 さて、私が作品から感じた恐怖とは一体どんなモノだったのでしょうか。
 抑えつけられ、圧力を与えられ、耐えきれず、ついにはバキッ!!!っと・・。 日本に住む限りフィジカル面でこの様な局面に陥る事はまずないでしょう。。それにもかかわらず恐怖心が芽生えたということは、私のメンタル面とこの作品がリンクし恐怖を感じてしまった、、と言う事になるのでしょうね。。
 仕事? お金? 結婚?   私だけ??(笑)


以下 We Find Wildness よりクリッピング↓↓


Arcangelo Sassolino


Catégorie: art, exhibition, installation - Pas de commentaires
1 September 2010






Untitled. 2008. Courtesy Gallery Feinkost

-

This is a bit old but whatever…Italian artist ARCANGELO SASSOLINO focuses on industrial processes and materials. His objects and installations are destructive intersections between figure, ground, mass and potential energies, SASSOLINO furthers anxieties of weight and measure invoked by artists from the Sixties and Seventies. Through very direct confrontations between audience and object, his projects reveal various states of physical and psychological reaction that stress the vulnerable conditions by which we’re constantly surrounded.

Additionally, I have a good news: Galerie Nicola von Senger is presenting ARCANGELO SASSOLINO’s second solo-exhibition in Zürich until 16 October 2010.




Figurante. 2010. Steel, bone, hydraulic system. 65 x 23 x 71 cm

-

Figurante (2010)- one of the work shown at the exhibition- carved from steel is slowly but inexorably biting on a massive bone of a freshly slaughtered ox. It’s a fascinating yet disturbing demonstration that implicates the viewer in the process of machine defeating nature. The violence of the work engages the spectator in an association with art which is not only intellectual but also physical and triggers a sensation of disquietude, even impending menace.

It’s definitively something that I want to experiment; Stay tuned!



Arcangelo Sassolino - [found at We Find Wildness]

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/464-0215acc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。