東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/126-ac2b7363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桑原正彦個展"とても甘いお菓子"、オープニング

桑原正彦


『絵に描いたようなこども部屋』 と思った。
アニメのAKIRAのタカシくんやキヨコのいる部屋がこんな感じだった。作家の考えていることを読むと、あぁナルホドと思う。ケーキとかシャボン玉のようなものや人形とか、こども部屋にアリそうなものであれば何でも登場しそうな画面。 でも色が不協和音。すごく正統派な感じがします。あと意志の強さを感じたかな。

以下小山登美夫ギャラリーよりクリッピング↓↓

桑原正彦個展"とても甘いお菓子"、オープニング

清澄白河の小山登美夫ギャラリーでは、2/20より桑原正彦の個展"とても甘いお菓子"がスタートいたしました。

桑原正彦は、1959年東京都生まれ。小山登美夫ギャラリーでの個展は7回を数えます。2008年の京都のギャラリースペースのこけら落としとして開催された""以来の個展となります。清澄白河では、2007年以来となる、久しぶりの展示となりました。
桑原は、現代社会が消費し続けるイメージに対する違和を、絵画を通じて表明します。広告やチラシに登場する無名な女性モデルやキャラクターたち、都市の澱みに潜む不可思議な生物など、私たちが普段は素通りしてしまうような無数のイメージに対して、あらためて視線を投げかけます。桑原は、そのキャリアにおいて、現代社会と向き合い続けるという一貫した姿勢で制作を続けています。今回の個展では、新作ペインティングと立体作品を展示しております。

桑原正彦
真珠、2009、162 x 162 cm、acrylic on canvas


アーティストトークには、今回も多くのお客様に足を運んでいただきました。小山登美夫ギャラリーでは、オープニングレセプションにあわせる形で、アーティストトークを開催しております。ご予約不要・参加費無料ですので、お気軽にお参加ください。桑原さんはとても洒脱な方で、ユーモアたっぷりのお話に笑いが絶えないアーティストトークとなりました。

桑原正彦

桑原さんには、個展についてや、制作への取り組み方についてお話をしていただきました。今回発表された作品には、はかなげながらも、確かな幸せが画面に満ちており、見る人をささやかに元気づけてくれるような魅力があります。「夜には仕事はしない。夜の雰囲気が作品にも影響してしまうので、明るい時間に絵を描くようにしている」と語られたように、その制作姿勢がしっかりと作品にも反映されているように思えます。桑原さんのアーティストトークは、近日ホームページにアップロード予定です。ご期待ください。
新作は、鑑賞者の心にすっと入りこんでくるような、小さなサイズの作品も多くあります。


桑原正彦
貝、2009、33.3 x 24.2 cm、acrylic on canvas

まるでお菓子のような、やわらかい質感の立体作品も展示しております。絵画作品だけではなく、こちらも大人気でした。厳しい寒さの中、オープニングには多くのお客様にご来場していただきました。ありがとうございました。

会期は3/27までです。どうぞご高覧ください。

小山登美夫ギャラリー


Tags:桑原正彦


桑原正彦個展"とても甘いお菓子"、オープニング - [via TOMIO KOYAMA GALLERY]


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/126-ac2b7363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。