東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/112-9be3f147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

haroshi 「SKATE & DESTROY」 report

haroshi


下記クリッピングにある通り、今月20日(土)に開催されたオープニングパーティーが大盛況だったようだ。来訪者の写真もあるので見て頂ければわかると思うが、決して”スケーターばかり”が会場に集まったわけではないようだ。。見た目で判断してしまうが、おそらくアートファンの人口密度の方が高いと思われます。。。そこに問題を感じてみる今夜。haroshiの作品はusedのスケートボードを素材に使ったアートワークです。だったらここは『アート好きとスケート好き』の2つの人種が程よく入り交じる”ミクストメディアな会場”に演出して欲しかった。。そこに企画の意義があるのではと唱えてみるけど実際見ないで発言してホント申し訳ないッス!

以下、REDonePRESSよりクリッピング↓↓

haroshi 「SKATE & DESTROY」 report

USEDスケートボードのデッキを素材にアートワークを制作するアーティストユニットharoshiの個展『SKATE & DESTROY』が青山のPLSMIS(プラマイ)にて今月27日(土)まで開催中となっている。20日(土)19:00から行われた展覧会のオープニングレセプションには200人以上の人が入り、展覧会初日はかなりの盛り上がりを見せた!

haroshi

そして観客の評価は高く、その作品のクオリティで足を運んだ人を驚かせ、多くの反響を招くことに。
展覧会前から多くのウェブマガジンや雑誌等の媒体で告知が為されていたこの展覧会だが、オープニング後にも多くのブログやTWITTERなどで話題になるなど非常に良い反応が連鎖している。日本を離れ海外でも話題となり、ウェブマガジンなどで掲載され、TWITTERなどでは多くの“つぶやき”がされているようだ。
日本では来月(2010年3月)発売予定となっているオーストラリアのアートマガジン『KINGBROWN MAGAZINE issue 6』でもharoshiは取り上げられており、今後の活躍に対する期待は国内外を問わずかなり高まっている!
こんなに多くの反響を呼び、評価の高い展覧会はまだまだ珍しいのではないだろうか。スケーター、またそうでない人、ジャンルを問わず多くの人が距離感を感じなく楽しめるこの展覧会、27日(土)まで開催中となっているのでまだ見ていない人は是非足を運んでみてはどうだろう。

haroshi

作品の完成度の高さには驚いてしまうはず。
これら全て、壊れて行き場のなくなったスケートデッキから作られているのだから。

haroshi

RED one PRESSでは展覧会終了後、haroshiのインタビューを掲載します。
乞うご期待!


haroshi 「SKATE & DESTROY」 report - REDonePRESS


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://anclipping.blog104.fc2.com/tb.php/112-9be3f147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。