東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流のネガ








 とってもセンチメンタルな絹の糸。池内晶子さんの作品です。 ちなみに今展覧会中みたい、『MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方 2011年2月26日~5月8日』

 あさて、室内にポカンと現れた赤い穴。これは正に赤い糸という”線”で描かれた彫刻であります。絵画的表現を強く感じますが、立体造形であります。透明の円柱(穴)が見えますよね。

 仮に『何もない室内に実は無色透明の物体があります。みなさんはそれを見つけて下さい』と言われたらどうしますか? 恐らく多くの人が色のついた水を撒いたり、砂を撒いたりして”目的の物体”を見つけ出せると思います。

 そうです、赤い糸の役割は色水や砂と同じく”目的のモノ”を際立たせるコトです。本来脇役になるはずの作業・行程が、この作品では主役になっております。それらはとても美しい一流の脇役です。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

弄られジョウズさん










 ついに竹がここまでお洒落になったかぁ~、なんて思わずトボケたくなる素敵デザインです。作ったのは Fanson Meng さん。

 椅子の”イイなぁ”ポイントは、カットしたバンブーの『○』の大きさがリズミカルで良い感じだったり。切断面が意外にも複雑な色を持っていたり。と、竹の新たな一面を発見する楽しみも味わえるナイスなデザインに仕上がっております。

 実はテーブルの方が好きでして、、綺麗な色してますよねぇ。 なんか表面のにおいを嗅いでみたい気がする。。イイ香りがしそうで。笑

 いやしかし、竹ってホント弄られ上手な素材ですよね。


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

パーツの美学

Giuseppe Mastromatteo

Giuseppe Mastromatteo

Giuseppe Mastromatteo


 裸のカラダの写真に、人のカラダのパーツがコラージュされています。なんだか不思議に美しいこちらの作品は Giuseppe Mastromatteo さんの作品です。

 美しいです。 正直パーツをコラージュするだけでしたらそんなに難しいことではありません。でもこの作品には、誰もが真似できない美しさがありますよね。

 真似できない美しさって・・ま、一言でいってしまうと「魅せ方がうまい」です。。もうちょっと具体的に捉えてみたいと思います。

 まず手の甲って場所は意外にも”何もない場所”なんですね。なのでその開けた場所にパーツを埋め込めば邪魔するモノが何もなく、普段より格段クリアに見えるワケです。 あともう一点、この画像↑では分かりませんが、もしかしたらこの作品の画面には『ピントが二つある』のではないでしょうか? それで不思議な見え方になっている気がしてなりません。うん、たぶん。


以下 iGNANT よりクリッピング↓↓

続きを読む

レトロなニューアイテム

Gilles Eichenbaum

Gilles Eichenbaum

Gilles Eichenbaum


 古くなった家庭的なアイテムたち。それらを素敵なランプとして蘇らせたデザイナー、Gilles Eichenbaum さんです。

 やかんはともかく、二番目の写真のランプは元々どんなアイテムだったのでしょう? 秤ですか? 木製の台に乗せられていたりして・・、あまり見覚えのない代物であります。

 いやしかしリメイクにも相応のセンスが必要ですが、この作家さんはイイ感じです。素材の力を引き出していますから。

 ”最近作られた作品”ではありますが、モノが古いだけあって『アンティーク風味』を感じることができます。これってリメイクの特権と言いますか、大事な要素と言いますか。忘れずに覚えておきたいことであります。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

運命の振り子

Eske Rex

Eske Rex

Eske Rex

Drawingmachine by Eske Rex from Core77 on Vimeo.


 巨大な振り子で”オートドローイングマシーン”を作っちゃった人、Eske Rex さんです。

 ご覧の通り2つの振り子を2本の棒で結び、その棒のジョイント部分にボールペンをセットしております。1つの振り子の動きは予測可能なモノですが、2つの振り子が結び合う点の軌道は予測不可能です。

 描かれた線を見ますと、非常に安定した筆圧と一定の線幅が”機械仕掛け”を感じさせてくれます。 グゥーっと近づいて見入ってしまう気持ちが分かります。人間には決して掛けない線をこんな単純な機械が描いているのですから。

 しかしこの作品のもっとも面白い点は、ドローイングを描き始めた瞬間から、キャンバスに描かれる全ての線が運命づけられているという事。 振り子を見た瞬間私たちはそれを直感することができます。


以下 TRIANGULATION BLOG よりクリッピング↓↓

続きを読む

とある子ども部屋での出来事

Jonathan Hobin

Jonathan Hobin

Jonathan Hobin

Jonathan Hobin


 元気に部屋で遊ぶ子どもたちの写真。でもなんだか表情がシリアスです。。 こちらは写真家 Jonathan Hobin さんの作品。

 皆さんお分かりの様に、一番上の写真は9.11の様子を再現しています。 あたかも日常の子ども部屋の様に見えますが、ソレを暗示している事はハッキリと伝わってきます。

 それぞれの写真が『かつて大人たちが起こしたハードな出来事』を暗示しているそうです。詳細が分からずともネガティブな事件であることが予想されてしまうのが不思議ですね。 …なぜ?

 「子どもたちの目」です。単にシリアスな表情をしているワケではない事にお気づきでしょうか、私には「何やってるのバカじゃないの?!」ってゆー感情の込められた目が向けられているように思えます。モニタを越えて。


以下 Fubiz™ よりクリッピング↓↓

続きを読む

お好みの光をば








 視覚に訴えるインスタレーションから素敵な作品ばかり5点(以下に2点)ピックアップ、と言っても全て Sebastian Hempel さんの作品です。

 いや素敵。もぅ素敵。 ネタ元サイトの管理人さんも”惚れ惚れする”と言いながらこれら作品を一同に並べ記事を書いています。

 皆様それぞれ好みが異なるかと存じます。私はブラインドのやつが一番です。次いで乾山を逆さまにしたような蛍光灯のやつですね。

 「なぜこんなモノがこんなに美しいのか」、、まったくもって理解不能。感覚でしか捉えることができません。 強いて理屈をこねるならば、私たちは光(光るモノ)が好きで、それが経験したことのないタイプの光ならば感動だって許してしまう。。そんなカラダなのかも知れません。生まれつき。 あぁ素敵



以下 today and tomorrow よりクリッピング↓↓

続きを読む

Evian: Baby inside

DJ Mehdi et Uffie

DJ Mehdi et Uffie

DJ Mehdi et Uffie




 昨年制作されたEvianのグラフィック広告&TVCFの、リメイクか何かでしょうか。ちょい原文が御フランス語につき要注意ですが・・

 あさて言葉なぞ気にするなかれ、CFなんて観れば誰でも分かるよう作られています。ですから今ココには、言語を凌駕したハイクオリティなクリエーティブが在りますです。(てゆーかそもそも言葉使ってないですね)

 あさてさて、CFカッコいいですね~そしてファニーですねぇ~。だがしかし何を持ってしてEvianの広告なのか?

 つまりは『子どもから大人まで、みんな飲んでますよー!』的な大層な話かと思います。 でも超愉快にお気軽に訴えてるもんで、その過ぎたポジティブさを否定する余地もねぇ・・ってゆー。。実はとても優れた広告だと思いますです。


以下 Fubiz™ よりクリッピング↓↓

続きを読む

ピーカンなランドスケープ♪

Graem Whyte

Graem Whyte

Graem Whyte

Graem Whyte

Graem Whyte


 ”ランドスケープ”でめっちゃ遊んでる作家さん、Graem Whyte さんです。

 ランドスケープと言われ「箱庭」だったり「It's a small world」的な言葉を連想された方は私と気が合います。 つまりここで言うランドスケープとは、自分の好きなように世界をデザインすることです。響き、カッコいいですね。

 自由に世界を造る・・まったくもって絵画と同じ行為です。だから私たちがこの作品と向き合う時、キャンバスを思い浮かべながら鑑賞するのが良い見方なのだと思います。難しいですか?

 あさて置き私の感想はと言えば、「とぼけた感じや角のない感じが”のほほん”な空気を醸してて好きです。それに不思議と”ピーカン(快晴の意)”なんだなぁ~って思います。 空は作ってないのに、凄いよね☆」です。


以下 TRIANGULATION BLOG よりクリッピング↓↓

続きを読む

オマージュか、ブラックか。

Elmgreen & Dragset

Elmgreen & Dragset

Elmgreen & Dragset


 いやチョットこれ赤塚漫画に登場しそうな石膏像。。w 作ったのは Elmgreen & Dragset さん。お二人組です。

 物事を揶揄ったり、暗喩して作り上げる作品は”ブラックユーモア”な作品です。それらは、それぞれがオリジナル作品になります。しかしこの作品はどうでしょう?

 誰かが作った作品を借りてきて、自分の手でアレンジを加え、別の意味を持つ作品を作り上げる行為。そういう作品を私は「オマージュ作品」と呼びます。なぜならオマージュ作品を作るには、オリジナルの作者への賛辞、感謝の気持ちがなければ出来ないと思うからです。

 がしかし、「靴下しか履いていない男性」「Tシャツしか着ていない男性」の像ですよ。。そんなの変態にしか見えません。つまりこれは冒涜に近く、オマージュ作品ではない。かといってブラックユーモアと言うほど捻りもない、がしかし悪戯と言うには惜しい気がする。。つまりそんな作品。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

作家のオーラがびんびん伝わってくる絵

Tony Orrico

Tony Orrico

Tony Orrico




 遠目、毛細血管だとか枯れ木の森みたいに見えるこちらの作品。実に力のこもった作品でございます。作家さんは Tony Orrico さんです。

 そうですね、やぱっぱり肺の毛細血管っぽいイメージが結び付きますね。ただし作家さんが描いている姿を見ていなければ・・の話です。

 ものすごい筆圧と、ものすごく長いストロークを併せ持ったドローイングでございます。作家の両肩の稼働領域の筆跡、、筆跡というより動いたモノが残した痕跡であります。

 一般的に「作家」と「絵」は切り離され存在するものですが、こちらの絵を鑑賞するに当たり、絵から大量の「作家の存在感」が送られてきます。とても切り離して見ることはできないですね。 しかしそれだけにとても強く、ある種異形な絵と言えるでしょう。



以下 BOOOOOOOM! よりクリッピング↓↓

続きを読む

生々しい木の姿

Myeongbeom Kim


 木に、イスがくっついています。 こちらの作品は Myeongbeom Kim さんの作品です。

 ま、くっついているのではなく、くっついているように見えるだけですね。実際は木の幹を一本の角材に見えるように削り、そこに数本の角材を持ってきてイスを組み立ててしまったわけです。

 パッと見どうですか? 私的には「腫れモノが付いた木」みたいな。。なんだか木がとっても迷惑がっているように見えます。

 大地に根を下ろしたままの”生きた木”が、目の前で家具になる姿。ダイレクトに見せられると存外ショッキングな絵面です。 まるで屠殺現場を見せられたような、そんな感覚を味わいました。。凄い作品。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

発明的過ぎてニュースになってもおかしくないデザイン

pinha

pinha

pinha

pinha


 昨日が電球で、今日は傘です、、たまたまです。というわけでこちらの素敵なデザインを考えたのは、ロンドンのデザイナーチーム Raw Edges で御座います。

 コルク素材で作られた”照明の傘のアダプター”って呼んでみようと思います。 みなさんは部屋の模様替えをする時、「照明の傘が好かん!!」と居ても立ってもいられなくなり新しい傘を買いに行った・・なんてことありますか? あまりそういう方は居らっしゃいませんよね。

 そうなのです。私たち地球人は、照明の傘のデザインにこだわりを見せることはタブーとされていたのです。ただしこのコルクの傘を見るまでは、です。 これからは気軽に・自由に・気分でデザインを変えることができるのです。

 今まで誰も気づかなかったコトじゃないですかね。もはや発明の域に達しようかという勢い。 皆さま、明日目が覚めたらこのニュースを友達2人に伝えてあげましょう。そんな世界のみんなと分かち合いたい素敵デザイン☆


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

キチッとした物とそうでないモノ

pieke bergman

pieke bergman

pieke bergman


 どう見てもくつろぎ過ぎなランプたち。これらを作ったのは Pieke Bergman さんです。

 なんすかねぇ、こーゆー工業製品たちのキチッとした形を崩してあげると、急にカートゥーンな生きものに見えてくるこの感じ。

 つまりは、人が作った・・正確に言えばロボットが作ったキチッとした形のモノは『製品』ですが、人間が作ったフリーハンド味溢れるモノは『生きもの』だったり『カワイイ』だったりします。。”キチッ”なのか、それとも“ふにゃ”なのか、この違いで感じ方が180°変わってきます。

 さて、この気持ちの変化の源にはどんな感情がありますか? おそらく、、”仲間意識”なんじゃないかと思います。キチッとした製品には仲間意識を感じないけど、この作品の様なフリーハンドなモノには仲間意識を感じてなりません。じゃなきゃカワイイなんて思わないでしょう。


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

立体書道

Shinichi Maruyama

Shinichi Maruyama

Shinichi Maruyama

Water Sculpture from Shinichi Maruyama on Vimeo.


 今日ご紹介するのはこちら、”水の彫刻”ってゆーより『宙に描く立体の書道』と呼んであげたい作品。作家は Shinichi Maruyama さん、日本の方ですね。

 水の彫刻なんて言いますと、なんだかなぁ・・という雰囲気が漂いますが、「立体の書道」と言い換えればめっぽう興味をそそる作品になります。 と勝手に思っています。

 がしかし現状は「水の彫刻」、期待するほど面白い作品に仕上がっていないのであります。もっと予想だにしない形とか、色とか、光とか、そんなモノを期待して待っていたからのガックリ感だと思います。

 むしろ本気で宙に字を描いてみたらどうかと。可能か不可能かなんて知りもしませんが見てみたいです。。それは正に「未知との遭遇」になるのでしょうから。
 

以下 designside よりクリッピング↓↓

続きを読む

端から点を打ち始め一枚の絵を描き上げるデッサン力

Marcus Levine

Marcus Levine

Marcus Levine




 とってもいいパパ的な絵描きさんです。。絵描き? んまぁ絵描きでOKでしょう。お名前を Marcus Levine と申します。

 釘とハンマーが良く似合う素敵な腕ですよね、憧れます。 ともするとパチンコ界の釘師に見えなくもありませんが、、まぁいずれにしても非常に繊細な技をお持ちであることに違いありません。

 さらにですね、これらを描く際下書きは一切無いそうですよ。全てフリーハンドで打たれた釘なんですと。

 点描に似ている技法ですよね。だがしかし、決定的な違いに皆さんもお気付きかと思います。 Marcus さんの作品は、”端から徐々に”釘を打っていくしか描く方法がないのであります。打とうにも他の釘が邪魔だし、抜けば穴が残るッス。 ハッキリ言って天才的なデッサン力の持ち主であります。じゃなきゃ出来ないコト。ちなみ左利きですね。


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

むずかしい指揮者

Martin Messier

Martin Messier

Sewing Machine Orchestra from Martin Messier on Vimeo.


 なんとも素晴らしきミシンオーケストラで御座います。指揮者は Martin Messier さん。

 そしてどこか緊張漂わす8台のミシン。ほぼすべてをコンピュータ制御され、与えられた命令を緻密に再現することでステキな音色を奏でます。ステキ?

 オーケストラと言いましてもミシンは楽器ではありません。本来布を縫うための”針と糸を操る機械”であります。 そのミシンから出る音は、針と糸を扱う際どうしようもなく出てしまう音、つまり制御しきれない音、すなわちノイズであります。

 制御しきれない音を完璧に制御する。乱暴にさえ聴こえる如何にもな音がメロディに変わる時、私たちは指揮者の勝利を祝福するのです。。。みたいな。


以下 TRIANGULATION BLOG よりクリッピング↓↓

続きを読む

ある絵描きのプレゼン力

Juan Francisco Casas

Juan Francisco Casas

Juan Francisco Casas


 やっヴぁい・・☆ めっちゃカッコいいです! こちら、ボールペンで描かれたドローイングでございます。作家さんは Juan Francisco Casas さん。

 んまボールペンで描く作家さんは沢山いらっしゃいます。しかも多くは”かなりの力量の持ち主”ときてます。なぜなら、やり直しの効かないボールペンという素材を使いこなすには、ミスをしない画力の有無が問われるわけで。。『ボールペン画作家=ハイレベル』なのは言うまでもなく、なわけです。

 いやしかし私は、彼の作品にドップリ本気で惚れちゃいます。 写真と見間違うほど精巧な画力で描かれていますが、作品の魅せ方は画力以上にハイレベルなのです。 彼は、自らの作品を写真作品であるかのように魅せるため、あえて連続撮影した写真のコマを選んで描いています。

 同じシーンのほぼ同じ構図を描き分けるコトは、絵描きにとってはつらい仕事になるはずです。しかし彼はそこにトライすることで、作品の価値を何倍にも高めています。 面白い。そしてカッコいい作品。 事実、写真から描き起こしていることは言うまでもなくです。


以下 Likecool よりクリッピング↓↓

続きを読む

ポジションの一致

Jean Luc

Jean Luc

Jean Luc


 羊です。古めかしいダイアル式電話の、羊です。良いっすねこの作品。 あさて、作ったのは Jean Luc さんでございます。

 「面白い作品」というより『イイ作品』なんですよね。面白さを読み解こうとすると難しい、でも”イイ!”って肌で感じることができる作品です。特に”イイ!”のは、古電話が羊に変身している姿からまったく違和感が感じられず、自然なものとして受け入れられるこの心地よさ、です。

 しかしなぜ私は違和感を感じないのでしょうか。「色が羊っぽいから?」「線のねじれが羊の毛の様だから?」「古電話と羊の顔の形が結構似ているから?」「受話器の脚がイイ感じだから?」「・・・。」どれも正しいと思います。

 元よりほとんどの時間静寂を保つ『電話』ってモノ。とかく現代ではケータイに取って代わられ、家庭でもほとんど鳴る機会がなくなった固定電話です。いつのまにか私の心の中での”ポジション(重要度)”が格下げされ、今ちょうど羊と同じ位置に居る。だからなんだ、違和感がないのは。 そんな気がします。


以下 Lost At E Minor よりクリッピング↓↓

続きを読む

世界を創造する写真家。

Robert Piontek

Robert Piontek

Robert Piontek


 CG? イラスト? いえ写真作品です。これらの不思議な『小さな惑星』はすべて「地球」の写真なのです。 じゃぁどうやって撮影したのか?気になりますよね。。。兎にも角にも作ったのはドイツの写真家 Robert Piontek さんです。

 最初に言いますが、実のところPCソフトにて画像加工を施しています。こちらの「Panorama photo stitcher」と呼ばれるソフトです。 近似の写真を合成してパノラマ写真を作成するようですね。 フーン。しかしこの惑星の写真はパノラマ写真の域を突出しまくっていると思うのですがさて。。

 ピンホールカメラを2台背中合わせにして撮影し合成すると、こんな感じの写真になりそうですよね。人や車など動く物体がほとんど映っていないという点もそれっぽいです。 しかし実際は、1枚撮影しては少し回転し、また撮影しては回転し、を繰り返し360°行い撮影した模様。

 いやしかし、自分を中心に目に見える範囲だけを切り取り”惑星に変えてしまう”写真作品。 「広大な景色を一枚の写真に閉じ込めた見事な作品」なんて言ったりしますが、これは『新しい世界を創造した』の方がピンときます。 なんとも面白い写真技法だこと。


以下 Fubiz™ よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。