東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拷問2.0




【web2.0】がwebの革新的な世界なら、革新的な拷問の世界を【拷問2.0】と呼んでもイイですか?
上の動画の「CyberWalk」はバーチャルリアリティ空間を作るために考えられた装置のようですが、私はそれも観て拷問に結びつけてしまった。一生そこから動けないのです。2メートル先には一般社会・日常生活があるのに辿り着けない。壁があるわけでもない、景色が見えないわけでもない、音が聞こえないわけでもない、視覚的に隔離されていないのに隔離されてしまうという人類が未だ味わったことの無い、新しい感覚。。もしかして、新たな恐怖を生んじゃったんじゃないかな。

以下 Boing Boing よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

破壊(破滅)するウェブ

more-darkness-com
new piece: more darkness .com (turn sound up)


Rafaël Rozendaal -1980年 アムステルダム生まれ。
「ウェブサイト」と「リアルサイト」の両方でアートを制作する作家さん。私は特にウェブサイトでの氏の活躍を期待しています。ウェブ上で作品を作るアイデアはあっても技術がないというアーティストは結構いるのではないでしょうか。その点、氏はアイデアを形にする技術を持っているようです。
さて今回の作品・・というか一貫して氏は【破壊(破滅)】をテーマに制作しているように見えます。実態のないヴァーチャルなウェブサイトで【破壊】を表現する氏、また同じコンセプトをリアルサイトで表現して観せる氏。その対比の面白さが最高。この先の展開を期待させる作家の一人です。

■参照-「比較」
リアルサイト>broken self at spencer brownstone gallery
ウェブサイト>http://www.brokenself.com/

moredarkness.com - [found at rafaël rozendaal]

『いま、断てへんやつは立たれへん』

『いま、断てへんやつは立たれへん』


フォイル・ギャラリー×禅居庵『いま、断てへんやつは立たれへん』 と言うアートイベントが5月1日から京都の禅寺・建仁寺の塔頭寺院禅居庵で開催される。様々なイベントが用意されておりゴールデンウィークに禅とアートに触れあうならここしかないのは言うまでもない。作家アーティストは奈良美智、青木陵子、荒井良二、市川孝典、井上廣子、梶井照陰、川内倫子、さとうりさ、新津保建秀+池上高志、鈴木まさこ、角田純、長野陽一。

禅居庵×FOIL「いま、断てへんやつは立たれへん」展公式HP

以下 CINRA.NET よりクリッピング↓↓

続きを読む

欲しかったヤツ

pieletrico<br />
'pielettrico' with fluorescent lamp /image © designboom


こういうの欲しかったんですよね。蛍光灯ってすごい安くて便利だと思うんですけど、意外とデザイン性が発展しませんでしたよね。もうそろそろ”LED”が主流になるでしょうからこのまま終了か・・はたまた寝かしてあったアイデアで勝負に出るか?そんなこんなでこれからは【悪あがきの蛍光灯 vs ニューエイジのLED】の対決が面白くなり・・そう?

以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

アンチ罪悪感

Gallery of real and imaginary pest killer packaging


正直なところこゆのが大の苦手でアップするのに躊躇しました。私だけでなく大多数の方が忌み嫌う事だと思います。しかしネタ元のサイトがそうしたように、真正面から向き合ってみるというのも良い機会かもしれません。そこで何かが見えてきたりして。
ふと私が思ったことは害虫・害獣と言えど生き物を殺す行為に対し、なるべく罪悪感を和らげる効果を狙ったデザインが採られているのではないかというコト。これは非常に面白い視点で、作品作りのテーマにもなりうると思ってみたりしました。

以下 Boing Boing よりクリッピング↓↓

続きを読む

あたるさん。

佐藤充


佐藤充氏の作品がドバっとアップされていました。ファンの方も多いようですのでお知らせっす!

佐藤充公式ブログ
http://www.art-it.asia/u/ab_satoa

延長コードみたいだけど格好いいランプ

'lianes' lamps


照明器具には不可欠な”コード”をクリエーティブなデザインに活かす方法として、これカッコ良い! 設置場所として行動パターンが限られる一般家庭には不向きかも知れませんが、アトリエや仕事場、ショーウィンドウなど状況により照明を動かさなければならない室内にもってこい。 ちなみにここで「コードが邪魔そうですね。」と言う指摘はナンセンス☆ ということでw

以前紹介した『かっこいい天井』もグッドです!

以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

ぶっしつ感っ!!

Hans Josephsohn


ハンス・ジェファーソンの作品。ブロンズ像とレリーフの物質感が心地よかったのでクリップしました。素朴な雰囲気、例えるならば『気は優しくて力持ち』な雰囲気。例えるならば『地震が起きて家具が倒れてきたとしてもこのブロンズ像が守ってくれそう』な雰囲気。伝わりますでしょうか? しかし真鍮ってこんな表情も出せるんですね。驚きでした。

以下 Contemporary Art Daily よりクリッピング↓↓

続きを読む

ルフィの麦わら帽子

ルフィの麦わら


ルフィの麦わら帽子がバンダイより発売される。つまり公認だ。価格は¥4,980-。予約しようと思ったら既に売り切れていました。次回販売受付は4月30日(発送は7月)。オークションサイトの転バイヤーがキラリと目を光らせています。瞬時完売は間違いないかと。
職人さんとクライアントがこだわりを持って作ったようで、デザインも良く製品の質も高いようです。職人さんの様子は以下にあります↓

以下 コミックナタリー よりクリッピング↓↓

続きを読む

デザインには少なからず『夢』が必要と思った。

Ikaros


JAXA~宇宙航空研究開発機構~ が発表したSpace Sailing-『Ikaros』のデザインがマダムのハンカチみたいだで悲しくなったorz
技術者は太陽エネルギーで活動できる宇宙船開発を目指したわけでデザインコンペに出展する気はなかったのは分かります。ですが世の中の優れた製品は自ずと美しい形をしています。たとえばソニーのPSのコントローラーのデザインは美しく、さながら宇宙船の操縦かんみたいだなぁ思います。世界中の子どもたちがこぞって『次ボクにやらせろ!』とコントローラーを奪い合うのも良く分かる。果たしてIkarosにそれだけの力があるかと問われれば答えは『否』でしょう。

以下 NEATORAMA よりクリッピング↓↓

続きを読む

四季を感じさせるサークル

The Four Seasons Visualized
『春』

かの有名な作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディの12曲から成るヴァイオリン協奏曲『四季(The Four Seasons)』がLaia Clos’ studio motにより視覚化された。
正直なところ日本人デザイナーが制作したら全く違う色合いになったことでありましょう。そういった個性を生み出す可能性を含む事で「楽譜のヴィジュアライズ」は非常に興味そそるツールです。たとえ同じ楽譜であろうとも演奏者により音色が変わるように、ヴィジュアライズもデザイナーの感受性によってアウトプットが変化するとすれば、これはアートと音楽のインタラクティブなインスタレーションになるのではないでしょうか。


ちなみにYouTubeから - 「四季」から春  ヴィヴァルディ


以下 Datavisualization.ch よりクリッピング↓↓

続きを読む

平面的な立体的な、

titus kaphar
‘conclusive’(front & back) by titus kaphar, 2008 (cut canvas oil painting)


『あっ!コレ面白い。』って考えるより先に感じさせるタイプの作品ですね。
なんでしょう、荘厳としているはずのモロ西欧チックな絵画がえらいコミカルに描写されております。いえ、描写から切り離されておりますw これは一種のデフォルメではないでしょうか?シリアスな物質をカートゥーンにな物質に置き換えてしまう技法がこんなところにあったとは。そしてこの作品の魅せ方で重要なのは”あくまで主人公はモチーフの人物”であること。でないと物語を妄想できませんからね。

以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

スペクタクルLED!!!




昂ぶった!
ふつー7分の作品紹介ビデオなんて誰も最後まで観ませんよ。でも観ちゃったもんね私★これは面白い光りです。説明はいらない、単純にワクテカさせられるプロダクトだと思いました。今年の夏に縁日で観たれたりしないかな?コレ。

以下 Makezine よりクリッピング↓↓

続きを読む

図書の話。

the archive series


ここ数日多数の海外サイトにおきましてこちらの『the archive series』 by david garcia studio, が取り上げられていました。が、私はどうも”作品として図書をこういうネタで扱うのはどうなのか?”という疑問点がぬぐえず敬遠してました。そこにきて信頼度ナンバーワンサイトの"designboom"までもノッてきたので、逆に言ってみようかと。 
 皆さんは大切な本って何冊お持ちですか?多分10や20じゃないんじゃないでしょうか。自分に価値のある知識や情報をくれた”大切な本”をこんな風↑に扱わないよなぁ~と思って。 いえもちろんこの作品の意図するところが別にある(公的図書として)のは分かりますが、『図書を扱う作品』としてそのポリシーは無視できないんじゃないかな?という疑問をプレゼント フォーユーしたい。

以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

こんな空は観たことない。




空は一つしかない。誰にとっても。
今は一つしかない。誰にとっても。

何千年、何億年とずーっと一つしかなかった空。
絶対に一つしかない空を、一日ずつ切り分けて分配したら、全部別の人に見えた。

続きを読む

好きな絵描きが増えました。

Carroll Dunham


家に絵、飾りたいですよね、いつの日か、でっかいやつ。。。そんな日が来るまでわたしはひたすら欲しい絵のリストを作るのです。。。作ってないけど。 
良かったら見てやって下さい。わたしの作品じゃないけど。今日見つけた好きな絵等です↓

続きを読む

ぜんぶ寿司のせい。

Eat Artistically


そもそも日本の食には美意識が備わっています。それを理解しない内に『こうした方がいいんじゃない?』と手を動かしたがため火傷をしてしまった例・・。
ちょっと辛辣になってしまいましたが、ともすると私も轍を踏みかねないですね。あぁそう言えば日本人の名前には漢字からある程度”意味”を受け取る事ができますよね? たとえば陽子であれば『太陽のように明るい子に育ってほしくて』などと。その勢いで外国人に『君の名前にはどんな意味があるの?』と聞いてしまい「ひぃひぃおじーちゃんと、ひぃじーちゃんと、じーちゃんと、とーちゃんの名前だけど何か?」となったことがあります。。日本は何事も背景や成り立ちが重視されますよね、他国より、たぶん。

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

新素材-泡陶器

foam porcelain
foam porcelain tableware
image © designboom


オランダのデザイナーVan Aubelさんが開発した非常に興味深い素材、『泡で作られた陶器-[foam porcelain]』。陶器と同じように窯で生成するのですが、陶とは正反対に生成中に膨張するという。比率はおよそ300%増、なんとも経済的であります。それに”とても軽くなる”というオマケ付き! 泡と聞いてしまいますと”脆い”印象を受けますが、そこを見事にクリアしているから驚きの新素材なわけです。紹介する記事内には大型のキャビネットをこの[foam porcelain]で作り上げた写真が掲載されています。

以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

ケーキ

Cake


女性がケーキを食べ続ける映像、約20分。 -Cake
ファッションブランド「AF Vandervorst」の服を着た女性が目の前に座っています。このビデオが作られた理由はAF Vandervorstのプロモーションの為。制作したのはFly16×9。ネタ元でも言われているように、ファッションビデオとして非常に面白いと思いました。
女性が、ケーキを食べ続ける映像が。

以下 today and tomorrow よりクリッピング↓↓

続きを読む

光の新素材




カーボンファイバーやら何やらのテクノロジーを使って作られた床置き・天井さげの照明。これは初見だ。
作者サイドは言っています、これは製品としてのデザインではなくテクノロジーを見てもらうために遊び感覚で作ったデザインです、と。私にはテクノロジー的な面では何も言えませんが、それ以外の面でアドバイスをささげましょう。。早いところ普及させてください、お家に欲しいです!

以下 Dornob よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。