東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弄られジョウズさん










 ついに竹がここまでお洒落になったかぁ~、なんて思わずトボケたくなる素敵デザインです。作ったのは Fanson Meng さん。

 椅子の”イイなぁ”ポイントは、カットしたバンブーの『○』の大きさがリズミカルで良い感じだったり。切断面が意外にも複雑な色を持っていたり。と、竹の新たな一面を発見する楽しみも味わえるナイスなデザインに仕上がっております。

 実はテーブルの方が好きでして、、綺麗な色してますよねぇ。 なんか表面のにおいを嗅いでみたい気がする。。イイ香りがしそうで。笑

 いやしかし、竹ってホント弄られ上手な素材ですよね。


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

魔法のデザイン☆

Se Xin

Se Xin


 休日にぴったりの、ラブリーで家庭的なデザインをご紹介しましょう。 魔法使いのおばあちゃんよろしく、スープがおいしくなる魔法をかけられるアイテムです!! こちらは独創的なデザインを次々と生み出すデザイナー Arthur Xin さんの作品。

 スティックの先にある星が、塩や砂糖やコショウなどの調味料を入れられる容器になっています。さながら料理に魔法をかけるように味付けできるという、とってもハートウォーミングなキッチンアイテムでございます。

 ところで、むかし日曜朝に放映されていた、魔女っ子アニメの主人公が持っていた『魔法のアイテム』って、なぜあれほど魅力的だったのでしょう。 きっと「あの魔法のアイテムを持っていれば自分も魔法使いになれるんだ」ってゆー理屈でしょう。 本来ファンタジーの物語では、魔法使いになるためには”修行”が必要だったりします。しかし日本のアニメでは”魔法のアイテムを持つこと”が魔女っ子になるための条件でしたものね。

 そんな魔女っ子に憧れていた女の子も、今では育児に奮闘しているのでしょうか。 子どもに夢を見せるデザイン、、それって本当の魔法ですよね☆


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

雨の日が待ち遠しくなる、新しいアイテム。

double-meaning


 ヴィジュアルが素敵過ぎて愛おしい、そんなデザインで御座います。デザイナーは Junjie Zhang さんです。

 雨の日は誰だって憂鬱になります。。。雨の中仕事から我が家に帰った後も鳴りやまない雨音・・。玄関には明日も使って下さいと言わんばかりの傘が、興奮した何かのように雫を床に滴らせています。。。 誰にでもに憂鬱な雨の日の気分に対し、、、このデザインは一石を投じる!

 「傘立て」、というよりは「ドアマット」的なポジションに位置すると思われます。 使い終わった傘から雨水の供給を受け、お部屋の中に緑の恵みをプレゼントするわけです。 水が無ければ植物は育ちません。ですからこの緑を育てる為、私は雨の日が少し待ち遠しくなるわけですね。

 ・・実際、雨の降らない日が続いたらどうするの?という難点が在るのは分かりますが、それを見えなくするくらいの魅力がこのマットにはあります。 とっても素敵です☆


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

もうアイデア出尽くした・・ってことは絶対に無いっスね。


Recycled For Seating
Recycled For Seating


 シンプルでポップで、それでいてアドバンスなデザインを見つけてしまったので書かざるをえまい。。とういテイです今日は。

 一つは枝豆など豆類を盛り付ける器。もう一つは折り畳み式のイス。どちらも日常生活に密接したプロダクトデザインです。現状以上に使い勝手の良いデザインアイデアなぞ出まい・・と思えるアイテムを刷新しましたね。枝豆器は言わずもがなですが、イスの方は「未使用時の省スペース」と言う点で優れています。

 ほとんどの国の首都近辺で暮らす人なら、生活必需品のデザインに対し現状で満足している思います。例えば、マグカップがずっと昔から変わらぬ形をしてても誰も不満を漏らさないでしょう。。 それなのにデザイナーは思い描くんですよね。その先のデザインを。。。

 我々”人間”には定型があります。頭があり胴体があり手足があります。それから正面と背面があります。。この定型を基準に、我々人が生活をおくる上で必要不可欠な道具について、最も効率的な形や在り方をデザインすること。それがプロダクトデザイナーに与えられた宿命であります。  最後に・・とある障害者用プロダクトの広告コピーにこんな言葉があります。。。『我々は、デザインの為に、デザインされていない。』


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

『○○は見た目によらない。』が良く分かる衝撃映像。





 動画を観た方はおったまげたことでしょう。こんなこんがらがった組み立て前のプラモデルみたいな物体が・・とんでもなく素敵な影をお持ちで御座いまして。。えぇ。

 技術的にはパソコンによる「3Dデザイン」と「3Dプリンタ」を使って作られた造形物。ちょっと面白いのは、複雑かつハイクオリティな3次元デザインによって、2次元的なモノである”影をデザイン”したところ。 それから【白い造形物を”ポジ”】、【影を”ネガ”】としてネガポジの関係で言い表すのも素敵かもしれない。

 ポジ(白い造形物)を見ただけで、この中にどんなネガ(影)が潜んでいるか?って見当もつかないでしょう。『見た目で中身が想像つかない』と言うと、まるで人間を言い表す時の言葉ですね。

 あとはたらればの話ですが。ポジもある程度”何かの形”にしてしまうことで、ネガとポジのギャップの面白さを狙う魅せ方もありかと思います。しかし現状の”よく分からない白い造形物”だからこそ、シャープな影が飛び出した時の驚きもあるわけで。。。結局これ・・何に使うんだろ? ま、そんなことはどうでもイイのです☆


以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

課題-『2050年の都市家庭を想像して電化製品をデザインしなさい』

Electrolux Design Lab 2010


 Electrolux Design Lab の2010年度コンペの選考に残っているデザインが面白いです。まずテーマは『2050年の都市部に住んでいる大衆向けの家電』。さらにデザインする上で考えてほしいのは「緑化」「時間・場所の省エネ化(コンパクト化)」「個人で使う」というキーワード。。とのこと!(かなり噛み砕いて訳してみました)
 元ネタサイトでは沢山のグッドデザインが紹介されていますが、私は一目で”それと分かる”デザインに絞ってクリップしました。と言うことで沢山観たい方は以下のネタ元サイトへ。ちなみに一番好きだったのは↑上の冷蔵庫☆ これやヴァい!

以下 YANKO DESIGN よりクリッピング↓↓

続きを読む

本かと思った。

Take a seat from darris hamroun on Vimeo.


 よく考えるのですが「パイプ椅子を作った人はすごい」って。これほど成功したデザインもそうないでしょう。それに人が人の形でいる限り椅子は必要とされますから、パイプ椅子も未来永劫多種多様な場面で私たちに必要とされるわけですね。 それにしてもwikipediaにも作者の情報がありません。一体誰が作ったんでしょうね?
 さてさて、『定番商品』や『殿堂入り製品』にも”新人時代”は必ずあるものです。そういった点で今日紹介するこの椅子には期待しています!

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

ちょっとした街中のオブジェ

Hello Stranger!


 これは公共アート。街中にポンっと飾ってあるわけですがちゃんとタイトルがありまして『Hello Stranger!』と言うそうです。直訳で「こんにちはそこの人(変な人)」って感じでしょうか。作家さんは Michael Antrobus さんです。これ以上説明は不要なわけですが、可愛い作品なのでクリップしてみました!

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

ぜんぶ寿司のせい。

Eat Artistically


そもそも日本の食には美意識が備わっています。それを理解しない内に『こうした方がいいんじゃない?』と手を動かしたがため火傷をしてしまった例・・。
ちょっと辛辣になってしまいましたが、ともすると私も轍を踏みかねないですね。あぁそう言えば日本人の名前には漢字からある程度”意味”を受け取る事ができますよね? たとえば陽子であれば『太陽のように明るい子に育ってほしくて』などと。その勢いで外国人に『君の名前にはどんな意味があるの?』と聞いてしまい「ひぃひぃおじーちゃんと、ひぃじーちゃんと、じーちゃんと、とーちゃんの名前だけど何か?」となったことがあります。。日本は何事も背景や成り立ちが重視されますよね、他国より、たぶん。

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

段ボール箱 + 布 ÷2

UPS


いつだって段ボールは大きすぎたり小さすぎたりして私たちを悩ませます。そうやって人の事からかおうってゆーんですよ、段ボールは。。ということで段ボールにかわる気になる新素材を発見。自由自在に折り曲げられる箱ですね。無駄なスペースを作らないので配送におけるコスト削減にもつながり環境にもよさそうです。はたして梱包材の革命児となれるのか?!ハンズ入荷はいつぞっ?!!

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

あるかもしれないカップヌードル

CookSoo


全世界で愛されているカップヌードル。愛されるが故皆からいじられる。今日なんてこんなにもコンパクトな形に折りたたまれてしまいました。。。
あれ?結構良くないこれ?「お湯入れたら熱くないの?」って点をクリアできていれば凄くイイですよね。個人的にはそう思います。あとはこれが日本人には馴染むかどうか?コンビニに積まれる日が来るのでしょうか?私はスチロール容器よりもこちらの方が好きですね。

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

エコか否か。

Foldish


う~ん、ビミョー。。
要は使い捨て紙容器をトレーにしてしまったという話で、これにより食器洗浄の際使用される水の節約になるという。。ネタ元サイトでも言ってますが『じゃぁ紙容器の原料になった伐採された木は?』という話になる。 単純にこの使い捨て紙トレー『Foldish』を使った場合と普通に水洗い再利用トレーを1年間使用した場合のCO2排出量で比べれば・・ 良いのでしょうか?エコを目指すなら他の解決策がありそうです。
しかしこの作品の面白い点はその”矛盾性”であり、私たちに感じさせた”ジレンマ”そのものであります。

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓



続きを読む

読書して待つ




読書するブックエンド。これ寂しくてカワイイ!!
元ページではデザインについての考察があります。が半分ジョークっぽく、です。

以下 Yanko Design よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。