東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会のあらゆるすき間に体をインするパフォーマー!

Bodies in Urban Spaces
Performance stills of Willi Dorner’s “Bodies in Urban Spaces,” New York, September 27, 2010. Photos: 16 Miles


 マンハッタンの金融街に、日の出と共に突如現れた20名のパフォーマー。彼らは『Willi Dorner』というパフォーマンス集団らしい。 非常にセンセーションで面白いモノを見せてくれました。

 パフォーマンスのタイトルは『Bodies in Urban Spaces.』(都会のすき間に体を突っ込んで..) めちゃめちゃ見た目に素直なタイトルですね。。。とは言っても、写真単体で観てもパフォーマンスの意味や面白さは分かりにくいです。何枚か見て行くうちに『あぁすき間を体で埋めてるのかなぁ・・』って気付きました。 

 面白さはパフォーマー1人1人の体が『すき間を埋める為の1ピースになっているところ』。 【続きを読む】以降の写真を含め、沢山の”都会のすき間”が登場します。彼らはそれら全てのすき間に、それぞれにマッチするよう体を変形させます。 中には噴き出してしまいそうなちょいとマヌケな感じなのもありまして、エンタメ的にも満足できるパフォーマンスになってます。

 この作品を理解しようとした時、一度は「すき間に隠れる」というキーワードが浮かんだのですが、それは全くの誤解と分かりました。彼らはすき間を埋める為に作られた”人体の彫刻”であるわけです。 だから「隠れる」という要素はまったく含んでないのですね。


以下 ARTINFO.com よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。