東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞまさに、未来への扉!!!!




 スタートレック:エンタープライズの・・ドアを家の中に作った。

 てゆーかこの完成度・・やヴぁくないですか?!!

 マジ何度でも部屋を出入りしてやるZE!!って感じになりますよね。いいなーこれ! もし一軒家を建設予定の方がいらっしゃいましたら、是非このスタートレックドアを導入して頂きたい!!そして落成祝いの際には私を招待して下さい!

 なんつーか、ドキドキする。夢のあるクリエーティブって、素敵過ぎるます☆


以下 Homeqn よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

3331 グランドオープン記念展 『3331 Presents TOKYO: Part1』 に行ってきた。

3331 Presents TOKYO: Part1
”3331の芝生広場” photo by 私。


 3331 グランドオープン記念展 『3331 Presents TOKYO: Part1』 のオープニングパーティーに行ってきた。アレコレがあって会場に着いたのは午後8時過ぎ。タイムリミット残り僅かでしたがほぼすべての展示を観れました~。有料スペース内はプレスのみの撮影制限でしてまだweb上では観れない感じです。←ココが一番重要どころですが、うーん。。。はっきり言ってもっとじっくり見たかったです。気になる作品が多数ありました!平面にしろインスタレーションにしろ。そして無料スペースでも上映モノやワークショップなど色々気になった☆ けど時間なかった☆
 それにしても有料スペース内は作品がてんこ盛りでしたww 正直、若干観にくかったですよ。しかし『ヤッタッタレ!感』がにじみ出てて楽しかったです。ワクワクしました!

 とにもかくにもスタートした”アートの複合施設 3331”。アートを中心とした触れ合いの場としては最高の出来栄えかと。特に”3331の芝生広場”に一度腰を下ろせば会話が弾むこと間違い無し☆!!(↑上の写真)以後御用達となれっ☆


3331 Presents TOKYO: Part1


3331 Presents TOKYO: Part1


3331 Presents TOKYO: Part1

Facebook Like Button 付けてみました

Facebook Like Button


立上げから24時間で10億回押されたってゆーのでもしかしたら1000回くらいはこのブログでも押されるんじゃないかと思って『Facebook Like Button』を設置してみました。↓エントリの下のところですね。Facebookにログインしていないと表示されないとも聞きましたので『アレないよ?』と思った方はログインした後もう一度確認してみてくだされ☆

設置方法はここを参考にしました → 『フランスの日々

ポロックのドロッピングがiPhone APPに




ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)と言えば言わずと知れたアーティストで御座いますが、この度ポロックのドロッピング技法を用いた絵を私でも描けてしまうiPhoneアプリが登場しました。アプリの完成度が高く本当に自分が抽象画を描いているような気になれます! ちなみに↓紹介サイト内ではPCでもアプリ(Flash)を体験できます。結構気持ち良くなれます!

詳細>>Jackson Pollock by Miltos Manetas, original design by Stamen, press any key to s

Clayton Junior

Jazzy Christmas from Clayton Junior on Vimeo.



Play Safe - MTV from Clayton Junior on Vimeo.




たまたま見つけたイラストレーター Clayton Junior さん。ロンドン在住。
この作家さんはイラストの構成要素を吟味している。それは登場する”モノ”一つ一つに留まらず、顔の表情・まつ毛の一本に至るまで必要か否かを品定めしている。と思う。余計な物を省くことによって”唯一のメッセージ”をはっきりとした意志を持って観る人に伝える事が出来るようになる。イラストレーターにとって最も重要な仕事の一つですね。

Clayton Junior


and more...official web site - [Clayton Junior]

真似できない。

JDS ARCHITECTS


すごくかっこいいデザインのサイトを発見してしまった。元よりシンプルなデザインを好み、かつカラフルな色身を好むという無茶なリクエストを抱えてる私にメガフィットしました。当然ひと目ぼれです! サイトのhomeページは問答無用で大好きですがそれ以下の階層もナイスデザインでした。是非一見をば↓

JDS ARCHITECTS
http://www.jdsarchitects.com/

東京アートフェア・クロスレビュー




2つのレビューを同時に見つけたので比べてみました。一つはコレクター目線、一つはプレゼンター目線。一方は写真のみ、一方はテキストのみ。まるで今はやりの3Dのように会場が立体的に、さらに表側と裏側まで見える気がします。


アートフェア東京2010 パート2 - [現代アートコレクターHILOWのフォトblog]

昨日、東京アートフェアーに行った。 - [高橋国博のブログ「目」]


速報『宮島達男展』映像上映会プログラム決定!

BLD GALLERY 宮島達男


わたしが初めて宮島達男の作品(『デジタルカウンターシリーズ』日暮里のギャラリーだったような?失念。)を観に行ったのが10年くらい前だったかな? 私のようなクソガキ(過去形)にもはっきりとした衝撃を与えてくれた素晴らしい展示だったのを覚えています。 その数年後、集英社の漫画『DEATH NOTE』を見てまた宮島達男を思い出したコトも今となっては懐かしい。

さてさて唐突ですが、『作品は人』と思います。

佐々木希をはじめて見た時の衝撃はパなかったですが、流石に今見てもハートアタックはありません。 宮島達男の作品も一緒、あの時と同じ価値を含有し続けていますが、私にハートアタックすることはできませぬ。。 ただそれだけのこと。
しかし衝撃から10年以上たった今、このように私にテキストをタイプさせる”時を超えて伝導するエネルギー”を宮島氏の作品は持っているわけです。。

美術作品が含有するエネルギー、これ算出できたら面白いのじゃないでしょうか?  あの頃研究しとけばよかった(過去形)!


で、銀座 ビーエルディーギャラリーよりクリッピング

宮島達男展』映像上映会プログラム決定!

続きを読む

最終日 クリエイティブイベント「HITSPARK」 CLASKAにて開催中

HITSPARK


詳細が掴みきれていませんが、展示会というよりホール系のアートイベントと思った方がイイのかも。ま、行けばわかるかと思いますし参加してしまえば楽しいですよきっと!


HITSPARK@CLASKA
開催日: 2010年1月20日(水)~22日(金)
場所: CLASKA 2F (www.claska.com/)
時間: 13:00~23:00 (会期中)
入場料: 1,000円 (各プログラムにより)
主催: CLASKA、HITSPAPER
サポート:平和紙業株式会社 / 有限会社コスモテック
Official Site: www.hitspark.net

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。