東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエーターが創造する『部屋』 - 泊まれる展示 LLOVE


keys to the individual rooms
image © designboom


image © designboom


bed cover with fertility graphic prints
image © designboom


image © designboom


fertility lamps


 designboomによる『泊まれる展示 LLOVE』レビューのパート2です。パート1はこちら。 いずれもめっちゃ泊まりたくなる作品ばかり!!笑

 えぇ、この展示は『泊まりたくなる作品』って響きに表されるように、いわゆる建築デザインやインテリアデザイン展ではござらぬ。もっとファインアートしてます。 言うなれば、”キャンバスの代わりに部屋という四角い空間を与え、自由に宿泊部屋を作らせた”そんな感じの作品展示会ですね。

 日本とオランダの国交樹立400年を記念した企画だそうですが、オフィシャルHPによるとテーマは「Still in LLOVE」(まだ愛してる)だそうです。にわかにラブホなフレーバーを感じるのはそのせいでしょう。

 しかしながら、どれを見ても一過性の作品で終いにしてしまうのは勿体ないっす。どこかのホテルが作品を購入してくれればいいなぁなんて勝手に思ってます。笑  いやしかしクリエーターってホント色んな引出しもってんなーって☆ 皆様も機会がありましたら一泊いかがでしょうか?

■その他 [LLOVE関連のツイート] 宿泊された方の感想など、リアルですよ~
>>http://twitter.com/#search?q=llove


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

ワールドワイドの無作為抽出・ランダムチャットサイト『Chatroulette!(チャットルーレット)』を使った作品

Narcissus Lament (excerpt) from liubo on Vimeo.




 『Chatroulette!(チャットルーレット)』という動画チャットサービス。登録している世界中のユーザーの中からランダムで1ユーザーに繋がる。”nextボタン”を押すと次の人に繋がると言うモノ。今日まで知らなかったんですが、こんな面白いサイトがあったのですね。
 ※Chatroulette!についてはHow to的な紹介サイトがありましたのでそちらを→ 『リアルタイムウェブ.jp


 さて、作品↑について。
 まず説明すると、上記のチャットルーレットのユーザーが、本作品の作家と繋がると「ユーザー自身がチャット相手として映し出される」という、まるで”鏡”の様なシステムを構築したそうです。チャットに夢中になっているユーザーは大多数が「可愛い女性」だとか「イケ面」を求める下心を抱えているでしょう。次から次へと現れる世界中の無数のユーザーに期待しているわけです、『自分を満足させる人はまだか!』と。それこそ顔はにやけ、ワクテカしているさなかです。。まさか自分の姿が現れようとは・・。
 チャットの相手には高い理想を求め、自分を満足させるよう期待していましたが、自分の姿が目の前に現れた時の残念さたるや如何ほどでしょう。
 
 軽薄な人間関係で済むから、泡沫な関係で済んでしまうから生まれる心理状態でしょう。 無礼なぞ構わない。下心が丸見えで構わない。どうせあなたの国に行くことなんてない。二度と合わない。私の事は何も知らない。私の存在なんて5分後には忘れているさ。。なんて。

 作者はこの作品のタイトルを『Narcissus Series (ナルキッソス シリーズ)』と名付けました。ナルキッソスはギリシャ神話に登場する美少年で、私たちに馴染みのある「ナルシス」の語源になった人ですね。
 ともて興味をそそる作品でした。


以下 Mashable よりクリッピング↓↓

続きを読む

直球すぎる広告アイデアが日本ではウケない一例。

Feed SA


 Feed SA という南アフリカベースのNPOのキャンペーン広告。。。一目で言いたいことが分かるド直球な表現手段ですよね。買い物かごに今晩のおかずを入れようとすると・・うつろな目をした子どもが『ちょうだい』してきます。。
 あえて説明的に書きますが、このキャンペーンで訴求したい事は「まともに食事もできず学校に行っている子ども達がいます。彼らにも食事を・・」という内容です。それをキャンペーン広告に落とし込んだのがこの買い物かご。非常に強いです。直球と言っても”型にはまっている”ので剛速球であります。
 もし、日本で同じことをしたらクレームの嵐かもしれないです。なぜなら、善良な市民が今晩のおかずを買いに寄ったスーパーで、「何かしら子どもたちの手助けをしなけらばならないのではないか?」という強迫観念に襲われたり、自分たちの消費生活に罪悪感をおぼえたり、広告を観る私たちにネガティブな感情を抱かせるからです。。。だってほら、これだけ直球で訴えられたら気付かない人いないでしょ? 気付いてるのに寄付しなかったら”善意のな人”みたいになりますよね。。。私はそう感じると思います。ですのでクレームの嵐、、もし日本でやるなら二重、三重のオブラートが必要でしょう。
 豊かな国日本にいる私たちにとって貧困はおとぎ話であり、スーパーの様な日常生活に持ち込むモノではないのかもしれません。。自分への戒めを込めて書いてみました。

[found at 11]

佐藤雅彦ディレクションによる「これも自分と認めざるをえない展」

これも自分と認めざるをえない展
アレクサ・ライト 「After Image」



これも自分と認めざるをえない展
細谷宏昌+佐藤雅彦 「Outline to go」
photo: 田村友一朗



これも自分と認めざるをえない展



 佐藤雅彦さん、尊敬するクリエーターの一人です。佐藤さんを知るきっかけは、学生の頃広告の勉強をしていた時に名作CM集を観て。それ以来色々なジャンルで活躍する佐藤さんを見つけ「知れば知るほど遠くなる人だな」と思った。。。大好きです。


以下 HITSPAPER™ よりクリッピング↓↓



続きを読む

椹木野衣 新刊 『反 アート 入門』 / 幻冬舎

椹木野衣『反 アート 入門』


 椹木野衣と言えば読める美術の本として、私の最も好きな筆者です。
 椹木氏とアートとの距離感や、アートへの身のゆだね方が凄く好きです。
 最近本を読む機会が極端に減っていて・・いかんですね。
 ちょっくら読んじゃいましょうかね!梅雨ですし★

以下 多摩美術大学 よりクリッピング↓↓

続きを読む

モバイル業界最強タッグでケータイ雑誌創刊へ

E★エブリスタ


 DeNAとNTTドコモが共同出資で設立した(株)エブリスタからケータイで読む雑誌『E★エブリスタプレミアム』が来る6月7日創刊されます。(創刊とは言わないかな?) エッセイや漫画や小説といったコンテンツが用意されており、漫画家は松本零士、江川達也、倉田真由美らといった顔ぶれ。小説・エッセイではみうらじゅん、中田英寿などストライクゾーンの広い著名人を揃えスタートする。
 また利用料金が月210円と学生でも乗り越えられる額なので、キラーコンテンツが生まれれば瞬く間に浸透するであろう雑誌ですね。ケータイですのでユーザーインターフェースを使えばアンケートや人気投票が容易に・かつリアルタイムで数値が見れるという紙媒体の雑誌にはないメリットがあります。ネタ元のアニメ!アニメ!には新人クリエーターの発掘がキーかもしれないとあります。現在賞金のかかったコンペも開催中ですので興味がある方は以下の方へ↓是非!

以下 アニメ!アニメ! よりクリッピング↓↓

続きを読む

今、『日本の若手作家14人』




亜 真里男さんのブログ(ARTiT)で美術手帖2010年6月号にある”今日本で注目の若手14人”をピックアップしています。興味深いのでわたしもクリップさせてもらいますがまずは、、美術手帖購入は当然のコトと言っておきます。


では気になる14人だけ先に↓
1. Chim↑Pom
2. 金氏徹平 Teppei KANEUJI
3. 泉太郎   Taro IZUMI
4. 名和晃平 Kohei NAWA
5. 高木こずえ Cozue TAKAGI
6. 坂本夏子 Natsuko SAKAMOTO
7. 千葉正也 Masaya CHIBA
8. 若木くるみ Kurumi WAKAKI
9. 佐藤玲 Rei SATO
10. 山川冬樹 Fuyuki YAMAKAWA
11. 快快 faifai
12. 喜多順子 Yoriko KITA
13. 田中功起 Koki TANAKA
14. 半田真規 Masanori HANDA

以下 ARTiT よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。