東京アート情報クリッピング title-top

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭かったからこそ生まれた、素敵なデザインハウス

hideyuki nakayama

hideyuki nakayama

hideyuki nakayama


 なにこの家・・すごく住んでみたいのだけど。。てな具合に私のハートをがっしり鷲掴みな家のデザインでございます。作ったのは、中山英之建築事務所。建物は京都にある個人宅で、デザインには名が付いており「O-HOUSE」と呼ぶそうです。

 家の正面が全面ガラス張りで、一枚布で作られた特注のカーテンが天井から吊るされています。 私は『住んでみたいなぁ~』と思いますが、採光性抜群のガラス窓は道路から室内が丸見えになるため、気にされる方もいらっしゃるかと。

 いやしかし、狭く細長い土地ならそのスペースに合ったデザインを考えればよい。 と言うのは簡単ですが、これほど魅力的な建物を想像できるでしょうか? 私が思うO-HOUSEに秘められた素敵なアイデアは、2枚目の写真に見られる『並んだ3つのドア』だと思います。なぜなら私の脳内には、このドアの先に広がる空間は3種類ではなく、10も20も思い描けるからです。 これが1つのドアだったら、私はこの家を好きになっていなかったと思います。

 デザイナーは物理的に土地を広げることはできませんが、私たちに実際の土地よりも広い空間を想像させることができます。O-HOUSEはまさにそんなデザインハウスです。


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト

『住む』ことをもっと柔軟に考えてみる。

Urban Sky Camping

Urban Sky Camping

Urban Sky Camping


 ”都会のド真ん中でレッツ・キャンピング!”というノリの軽い建築作品です。作ったのは Leonard van Munster さん。写真だけみるとパフォーマーですね。

 というわけで、まずは上ふたつの写真。12階建てのビルの屋上にツリーハウスを作り、都会の真っ只中でキャンプ生活を送るアーティスト。 「面白いよ」とか「広告効果があるね」とか以前に、、『怖くないのかよ!!』 と言う話です。

 次に下の写真。イントレを組んだ上にアグレッシブにテントを張り、まるで建物に寄生するように”安全なキャンプ生活”を送るアーティスト。これはコンセプトが面白いです。 また意外と快適に生活できそうだし、バリエーションを工夫すればかなりオシャレな家になりそうです。 しいて言えば、窓がないフラットな壁に寄生しているところも見てみたかったですね。

 ましかし、『住居』という大きなテーマを題材にしているのに、作品がともてコンパクトに出来上がっている点に感激。つまるところ、作家の持つ『住』に対する考え方が個性的で、敢えて見せられても納得しながら受け入れられる、というわけですね。


以下 Dornob よりクリッピング↓↓

続きを読む

無彩色ルームに住む人

Daniel Arsham

Daniel Arsham


 ちょっとかるい話題を、、ということでこちらは建築家の Daniel Arsham さんによってデザインされた室内です。 壁一面に25,000個のピンポン玉が埋め込まれています。

 モノクロ写真なのでピンポンが何色なのかわかりませんが、きっとカラフルなドット柄の壁に仕上がっているのでしょう。。。と思わせておいて、実はこれ、カラー写真ですね。木製ハンガーの木の色がはっきりとわかります。

 ピンポンにモノトーンの着色をし、壁をデザインしているわけですな。さらにインテリアもモノトーンに統一しているため、室内から色彩が取り除かれてしまっております・・。

 私にはとても住めそうにない部屋ですが、フランス人には結構気に入られているようです。 いや気に入る・入らない以前に、居住者は白人限定、、または黒人限定、、っという制限があったりして?
 

以下 Fubiz™ よりクリッピング↓↓

続きを読む

ワケあって見た目ほど駐車できない駐車場






 なにこの大波小波な駐車場?! ・・はてここは海外のどこだろうか?と観ていたら、あれ、車のナンバーが日本ぽいぞ?ということになり、調べてみれば新潟県十日町市でございました。

 あさて、こちらの駐車場のスペックですが、まず車20台ほどの駐車スペースがあり、さらに反り上がったアスファルトの下にはレセプションスペースがあります。 2003年にフランスのR&Sie(n)という建築事務所によりデザインされたそうです。

 十日町といえば、越後妻有アートトリエンナーレの開催地ですね。ということでアートフェス関連の建築だそうで、見た目ほど駐車できないのもまぁアートだからしょうがないですね。

 いやしかし非日常的な建築物ですから、パッと見でアートと分かります。もし津々浦々の市町村が、それぞれ自慢できるアート的な建築物を所有していたら、かなり素敵だなぁ・・と漠然と思いました。 あ、あとわたしのこの作品の初見の感想は・・「ジョジョのスタンド同士が戦った後の駐車場みたい。」でしたすみません。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

最初から崩壊していたりするお茶目なスーパーマーケット






 はいこちら、バージニア州リッチモンドに1970年から1984年にわたって建てられたスーパーマーケット(商業施設)なんですって。

 これ、崩壊しているのではなく初めからこういうデザインの建築なんス! 面白いっすね。

 ふと思ったのですが、商業施設なわけですから建物のデザインにしても消費者にとって魅力的なデザインでなければなりません。 もちろん意図的なデザインを採るときは、何らかの狙いがなければただの悪趣味になってしまいます。

 ではこれらの『崩壊』した、『廃墟』のような、『危険』な香りがするスーパーマーケットは、マーケティング戦略としてどんな狙いを持つデザインと言えるのでしょうか?   私が思うに『男って”そういう場所”に行くの、好きよね。』ではなかろうかと。 さて、どう思います?


以下 TRIANGULATION BLOG よりクリッピング↓↓

続きを読む

まったく新しいコミュニケーションの場を作った建築デザイン






 『この家に住みたい。』と思った建築デザインです。外から見ると、屋根が屋根じゃなくて階段なんです☆ 「天気のいい日は屋根でお父さんと遊びましょう!」的な、屋根が庭代わりな建築デザイン。マヂで素敵です!

 デザインをされたのは神戸の建築設計事務所「y+M design office」で、ネタ元には記載がありませんでしたが、デザイナーは吉本英正さん&三宅正浩さんでしょうか。

 ネタ元の記事には、外観は”基地っぽいよね”的な軍を匂わせることが書かれていますが、どうしてそんな発想になるのか理解できません。 ま、そこはお国柄ですので一言触れたところでスル―します。

 いやしかし、近所にこのお宅があったら公園と間違えて屋根に登ってくるこどもが沢山いそうですね☆
 このデザインからは、『家に遊びに来る』というお邪魔の仕方が必ずしも室内に案内してもらうことではないという事、それに気付かされました。 まったく新しいご近所様との人間関係の構築の場を創造した『すばらしい建築デザイン』に思えてしかたありません。 住みたいです☆


以下 Dornob よりクリッピング↓↓

続きを読む

原始的な未来の家。 もう一度大地に住む生活が来るかも。

sou fujimoto
'primitive future house' by sou fujimoto architects
image © designboom


 昨日よりイタリアはベニスで開催されております『ベニス建築ビエンナーレ2010』の話題があちこちで取り上げられておりまして、何点か気になってしょうがない作品がありました。今日はその一つ、日本人作家の藤本壮介さんの作品をクリップしちゃいます。

 まずネタ元サイトのdesignboomの記事によると作品のコンセプトはこうです→
 『原始的な未来の家』・・高さの違う段差だけで生活空間を作る。350mmの段差はイスになり、700mmは机に、175mmは階段に。人が本能的に受け入れられる「イスと感じる高さ」「机と感じる高さ」「階段と感じる高さ」を創造することで、家と呼べる”地形に住む”ことが可能になります。

 ・・こんな感じだと思います。ってゆーか、、超おもしれーー!!って思いました。こんな素敵な建築コンセプトがあったんですね!!

 最初写真だけ観ていて感じた事は『重力に縛られない建築の創造』かな?でしたが、まぁそれもあながち間違いじゃないかなぁ。 だってこれ、家やビルなどの”建物”ではなく、”大地”その物をデザインしているわけですから。。。 マヂ超面白いわぁ~☆藤本壮介!


以下 designboom よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。