東京アート情報クリッピング title-top

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”光の彫刻”って呼び方を卒業したい。





ロンドンで開催されたKineticaアートフェアに出展された、ホログラム彫刻作品です。

詳細な素材・技術は不明ですが、このような円柱の内部に透明かつ光を反射する素材をあてがいホログラムを作成しているようですね。

2Dではなくて、3Dの位置情報を含めた映像を記録できるカメラみたいなモノがあって、なおかつそれを投影する技術と機材があればホログラムOK?

こうやって新しい技術が生まれ、そんで新しい作品が生まれるってのは真ですよね。


以下 Fubiz よりクリッピング↓↓

続きを読む

スポンサーサイト







"ミラノ証券取引所"の目の前に置かれた10,000個の作業用安全ヘルメット。

皮肉、失業者への鎮魂の意が込められた。。。いぇ、亡くなってはおられませんが、そう感じさせます。

西洋墓地のように配置されてるし、誰かが使っていたであろうヘルメットが地面に整然と並べられまるで儀式のよう。

どこから哀悼なり鎮魂が醸し出されている? たぶん私は「所有者を失ってしまった”物”」からだと思います。帰らぬ主人を待つ・・誰かの姿から。


以下 Fubiz よりクリッピング↓↓

続きを読む

Flyboard



海の乗り物。

新しい遊び。

ドラゴンボールごっこしたい。

Flyboard』 コレはヤバい。


以下 Likecool よりクリッピング↓↓

続きを読む

写真絵画







写真です。

光の使い方、半端ない。

それにしても白人の体って、絵画みたいに奇麗ですね。

古典のアレって、誇張や表現じゃないんだなぁって思ったし。


以下 KROUTCHEV PLANET PHOTO よりクリッピング↓↓

続きを読む

浮く玉のドローイング









ヘリウムを充填し宙に浮かせた透明の球体。表面には木炭のスパイクがあり、自由に漂いながらホワイトキューブに線を描きます。

いっさい無駄の無い、完全な無駄。

コレかなり好きだ。

ボールペンの先の様に見えて、とても愛らしい生き物だ。


以下 iGNANT よりクリッピング↓↓

続きを読む

ポータブル川













ポータブルな川、強烈な皮肉ですね。

環境保全とか、よく耳にしますけどね。私も有毒ガスをもくもくさせる工場など見ては嘆き悲しんだりしますけどね。

環境とか自然の保護って一般人の手に負えるものではない気がするのです。しかし誰かがやらなきゃイケない気もするので、いっそスペシャリストのお仕事にしちゃえば良い気がします。専門的で難しいことだと思いますし。

そういった小難しいことに私なぞの一般市民が手を出したりすると、携わっただけで”自分偉いことしてる!”みたいになってしまい、手を出さない人や理解ない人を”悪い人!”みたいになってしまいがちなのです。自然や環境だってそう易々と我々のお世話になりたくもないでしょうし。


以下 iGNANT よりクリッピング↓↓

続きを読む

収納アート





あるサイトでは「リアルテトリス」と謳ってましたが、なるほど。

私は「収納うまいなぁ〜」とか率直な感想述べてしまいましたが、うん。几帳面なA型の人でもうなりをあげる収納テクですよね。

さて、積み上げられた一つ一つのものが美しいと言う訳ではありません。きっちりかっちり積み上げられて集合して初めて”美しさ”ってものが漂いだすワケですが、なぜでしょうね?

”バラバラなのにキッチリ”ってゆー「意外性」が種火で、”どうなってるのこれ?”って見て行くうちに「細部の美しさ」に気づいて燃え上がる。 んな感じでしょうか。 


以下 iGNANT よりクリッピング↓↓

続きを読む

トイレットペーパーの運命





トイレットペーパーを用いたインスタレーションです。

貧乏な美大1年生あたりが手を出しそうで出さない、そんな素材”トイレットペーパー”。実は扱いが難しい素材であります。

難点はまず、排泄に関わるイメージが強く付着していること。つぎに素材として貧弱であり、使用条件が限定されてしまうこと。そして最大の欠点は”捨てるもの”であること。何かしら使用された時点でトイレットペーパーの存在目的が果たされ”価値は0”になってしまうのです。

しかしこの作品では、価値が0になっていません。つまりトイレットペーパーが別の何かに転化し、存在目的が、運命が変わってしまったのです。


以下 WeWasteTime よりクリッピング↓↓

続きを読む

オテンバ





「オテンバ」死語でしょうか?

とりあえず、ま、絵としてすごく魅力的です。脚のフォルム、線、画面の構図、ドレスの質感、そして色。どれも素敵です。というか色っぽいです。

それに加えて”自由気ままな女性”って感じが絵からにじみ出ていて、語りかけてくる感じがします。

実際SWEET STATIONの解説には、作者キャシー・デイリーのポストフェミニズム思想がどうたらって書いてありますが、私はフェミニズム思想の事はよくわからないけどこの絵のガーリー全開っぷりに興味を膨らませてしまうのは至極当然のこと思いました。


以下 SWEET STATION よりクリッピング↓↓

続きを読む

hokuhokuの水





Nazar Bilykさんの作品、タイトルは『雨』

存在感、表情、形の美しさなどすごく良いですよね。んでも一番良いのは”におい”だと思ったのです。

なんかこの人の顔の上に乗っかった水のオブジェを見ていると、ホックホクの雨のにおいが漂ってくるのです。

この人と同じように? 目を閉じて、くかぁーーって雨のにおい、かいでみて下さい。


以下 Fubiz よりクリッピング↓↓

続きを読む

美しい形





ペーパークラフトのタイポグラフィのとっても美しいやつ。

タイポといってますが印刷物じゃないです。が、そんな細かいこと抜きにご覧頂きたい。とても美しいペーパークラフト。

文字って一文字一文字印象が違いますよね。文字の性格って言うのかな? たとえば”P”はのんびりやのマイペースな感じ。”X”はちょっと怖くて夜な感じ。などなど。

ま、そんな能書き抜きにこのペーパークラフトがすごく奇麗なのです。


以下 Fubiz よりクリッピング↓↓

続きを読む

顔で描く人




顔で描く人。Jared Clarkさん。

ぱっと見、とても面白い。とても真剣にドローしてるみたいなので、よけいに面白い。

ぱっと見、さては描き方にこだわりがあるなぁ!? とか思いましたがやっぱり違うと思います。これ狙ってますね。

作者の潔さと、この情報サイトのあざとさが、この関係がなんかいいなぁと思ったです。


以下 SWEET STATION よりクリッピング↓↓

続きを読む

must ではないモノ




3人組のアーティスト「SuttonBeresCuller」の作品です。

生活用品を集めて作った”衛星”だそうです。ギャラリー内にいくつもの衛星が、浮かんでいたり、転がっていたり。

こんなに大きなものを作っていながら、なぜ作家は”衛星”と呼んだのか? ”惑星”じゃダメだったの?

惑星はなければならないもの、衛星はまぁなくても何とかなるのかな。言ってしまえばそういうことでしょう。惑星から連想するのは生活の基盤、衛星は付属品。作家が我々に見せた巨大な塊がつまり、”それ”ですね。


以下 CONTEMPORIST よりクリッピング

続きを読む

退廃の恐怖と美



大都市の夜景写真です。サンフランシスコでしょうか。

シルエットだけでそれとわかる大都市の象徴的な写真ではありますが、それにしても真っ暗で、生気がなく、脈を感じられない。

都会を退廃的に魅せた作品。

無機質なビル群を覆う星空の瞬きが、この時ばかりと蠢いているようで、不気味に奇麗です。


以下 Fubiz よりクリッピング

続きを読む

新提案





「風船でデザインされたドレス。」と言うと陳腐な仕上がりを思い描いてしまう自分でしたが、これを観て目が覚めた。

私は風船というモノ、そして素材、そして特性を知ったつもりでいましたが、全然ダメでしたね。

ドレスデザイナーさんが自分の台所に風船を調達してきて調理したらこんな素敵なドレスが出来上がりました。

それはそれはどんなに楽しい作業だったか、想像したら滾る。。


以下 Fubiz よりクリッピング↓↓

続きを読む

夢、丸見えで




子どもたちの夢を叶えるアーティスト、などと自称する方がいるならば多分こんな人でしょう。(笑

「なるほど、クリスマスプレゼントの中身が気になると。では見せてあげましょう!」っていう。

ブラックユーモアでありますが、なかなか切れ味があります。”子どもが欲しがるモノ”の上っ面を貫通し、構造や材料、多分子どもが見たくない部分をまじまじと見せてくれます。

「ここにこういうパーツを組み込んで、こうやって接合してるんだねー」ってまさにドリームブレーカー、ブラックサンタクロース。


以下 Telegraph よりクリッピング↓↓

続きを読む

いたずらに綺麗な透明







Bahar Yurukoglu(バハールさん?)の作品です。兎にも角にもキャッチーで分かりやすい綺麗さ、素敵です。

平面でしか表現できないような、光の混ぜ方や、透明感、空間の広がり、などをインスタレーションで表現しています。

制作方法はアクリル素材の立体を配置することと、投影すること。とってもシンプルです。

私はひと目みて”カンディンスキー”っぽいなぁと思いました。絵画でしか表現できなそうな空間を、立体にしてみる。そんなトライ、いいかもですね。


以下 TRIANGULATION BLOG よりクリッピング↓↓

続きを読む

演出家同士のコラボの舞台



プログラマー・メディアアーティストの真鍋大度 & Perfumeの振付を担当しているMIKIKO(水野みきこ)のコラボ。

すごくいいと思った。

もっといろんなダンサーとコラボしてほしいなぁ、とも。

まぁご覧あれ。


以下 Designcollector よりクリッピング↓↓

続きを読む

《 Pop Up Light 》 素晴らしいデザイン。






上の3枚の写真をご覧いただいて、このデザインに惚れ込んだ方、私と握手。ギュ!!

こんなにシンプルで、機能的な魅力もあって、美しい。

誰が気付いたって良さそうな、ほんの角っこの、小さなデザインなのにね。

住宅が生まれてからこの瞬間まで、みんなの部屋の”片隅”は、ポップアップライトの誕生を待っていたのですね。やっと出会えてよかったね。なんか感動した。このデザイン。すごい!!!


以下 Fubiz™ よりクリッピング↓↓

続きを読む

ここにいたい。




一人になりたい。。ちょうどそんな気分に、良いものを見つけてしまいました。どうですか、こんな一人用のカプセル。入ってみたいと思いませんか?

閉鎖的な空間であるけれど、外の様子は丸見え、自分の様子も外から丸見え、閉じこもっていてもちゃんと世界の中にいる自分を感じられます。

一人になりたい、でも外の世界とかかわらないと生きていけないから・・。

ドライかもしれないけど、このくらいの在り方が、今一番しっくりくるのかもしれないなぁと思いました。


以下 Designcollector よりクリッピング↓↓

続きを読む

Appendix

TAB人気イベントリスト

おすすめAPP

『TokyoArtBeat』
TokyoArtBeat - Art Beat inc


『ミューぽん 美術館割引クーポン』
MuPon, Museum Coupons (2012 Edition) - Art Beat

Search..

Contact me!!

名前:
メール:
件名:
本文:

バナー

東京アート情報クリッピング

カテゴリ

QRコード

QRコード
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。